STAFF
スタッフ紹介
R.S
ニーズに応える商品を作ることが 我々の使命であり、大きなやりがい
営業部 本社営業課
2012年新卒入社
STAFF01
会社の看板を背負って営業活動 お客様の声から学ぶことの多い毎日
大学では理系の勉強をしていたので、開発部での採用を希望して入社しました。研修が終わった頃、上司から「営業をやってみないか」というお話をいただき、私自身も興味があったので、営業職に挑戦することを決意しました。主に得意先様へのルートセールスを行いつつ、展示会への出展や新規顧客開拓なども行っています。営業でしか経験できないこともたくさんあるので、お客様の声をお聞きすることで、様々なことを学ばせてもらっています。営業就職は会社の看板を背負っています。社会人としてのマナーや身だしなみはもちろんのこと、正しい商品知識を身につけておくことの大切さを感じています。
staff detail 01
連携して「ものづくり」をし 採用された経験が、大きな自信に
当社の手袋を使っていただいていたお客様から、他社製品に切り替えるというお話が持ち上がったことがあります。なんとか継続してもらえるようにと、手探り状態から、お客様のご要望にお応えするための商品開発に取り組みました。試行錯誤の末に、お客様に満足してもらえる商品を完成させることができ、お取り引きも継続できることに。上司や生産部、仕入先などと連携をとりながら、一緒に「ものづくり」をした製品が採用された経験は、大きな自信になりましたし、それまでに味わったことのない喜びを感じることができました。お客様のニーズに応える商品を作ることは、メーカーとしての使命であり、やりがいでもあります。
staff detail 01
より知識を深め、経験を重ねることで 技術営業としての役割を担っていきたい
お客様の声をお聞きし、商品開発に生かし、生産部や開発部と「ものづくり」を進めるという現在の業務内容は、ありがたいことに、私が理想としているものにかなり近いと感じています。今後はより知識を深め、経験を重ねることで、一度持ち帰って相談するのではなく、商談の場でよりタイムリーにお答えできるような、技術営業としての役割を担っていきたいと思っています。そのためには、労働安全衛生法などの法律的なことや、素材のこと、商品についてなど、さらに幅広い知識を身につけていかなければなりませんね。
staff detail 01
STAFF01
STAFF02
STAFF03
STAFF04
STAFF05
STAFF06