STAFF
スタッフ紹介
S.S
先輩たちが培ってきたものを 若手が受け継いでいかなければ
生産部 生産支援課
2016年新卒入社
STAFF01
何十種類もある設備のメンテナンス 実践を重ねて知識や技術を蓄える
私は竹原の出身で、実家も会社から近い地域にあります。子どもの頃から、アトムの存在はすごく身近だったので、高専に進学する頃には、自然と「将来はここで働きたい」という思いになっていました。現在は生産支援課に所属し、生産設備の点検やメンテナンス、改善などを行っています。機械は何十種類もありますが、マニュアルもないため、とにかく覚えることが多いですね。先輩の作業をそばで見させてもらったり、補助させてもらったりしながら、毎日少しずつ経験を重ね、知識や技術を蓄えています。
staff detail 01
一つひとつ試す作業を繰り返し 機械を改善することで、利益に貢献
上司の作業を引き継ぎ、昨年から継続的に取り組んでいるのが、手袋を編む機械の改造です。編み機には針折れを自動で検知する機能があり、現状では60%ほどの精度のものを、100%にすることを目指しています。先輩たちとアイデアを出し合って可能性を探り、一つひとつ試していくという地道な作業の繰り返しなのですが、近いうちに答えにたどり着けそうな手応えがあります。製品の不良率を下げるという、会社の利益につながる仕事に携わることができ、とてもやりがいを感じています。
staff detail 01
行事や清掃活動などにも参加し 地域とのつながりを大切にする会社
アトムは、私自身も子どものころから親しみを持っていたように、地域に根付いている会社ではないかと思います。今は社員の一人として、盆踊りなどの行事や、河川や海岸の清掃活動にも参加し、地域とのつながりを大切にしていることを実感しています。これからもアトムの製品を、竹原から日本全国へ、そして海外へと広めていくためには、私たち若手がしっかりと成長しなければなりません。先輩たちが培ってきた知識や技術を受け継いでいきたいですね。
staff detail 01
STAFF01
STAFF02
STAFF03
STAFF04
STAFF05
STAFF06